×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

ブログ
 
ブログ
 


HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1

カリフラワー発見!

春が近づいてきましたねー
タカノファームの野菜たちもぐんぐん成長しています!
畑を見回っていると....植えた覚えのないカリフラワーが!!
タネが混ざっていたのかも!?
何か幸せな気持ちになりました

これからどんどん忙しくなってくるので、気合を入れて頑張るぞ!!

カリフラワー

2022-03-13 10:58:29

コメント(0)

3月のキャンペーンについて

3月のキャンペーンについてお知らせします!
キャンペーン① コシヒカリとミルキークイーンの2種について、30kg以上お買い上げの方全員の送料を無料にいたします!(北海道、沖縄、離島を除く)

キャンペーン② お米10kg以上をお買い上げの方全員に、お米1合プレゼントいたします!(カレー米、みのだまる、イセノヒカリのいずれか)

 

2022-03-02 16:16:55

コメント(0)

小麦の生長記録①

3月になりだいぶ暖かくなってきましたね
小麦も順調に育っています!
麦踏みと追肥の真っ只中です(^^;;
たくさん収穫できますように!!


 

2022-03-01 18:04:14

コメント(0)

キャンペーンのお知らせ

2月のキャンペーン✨

お米10キロ以上ネットで(電話も可)お買い上げの方全員にカレー専用のお米『カレー米』お試しパック1合プレゼント!

さらに、自家製の漬物『ひの菜漬け』もオマケします。

2月末までのご注文です。

2022-02-08 14:17:18

コメント(0)

カレー米への質問がきました2「パエリア料理の時のコツ」

今回は先日ホームページからきた質問に答えたいと思います。
質問は「カレー米を使ってパエリアにチャレンジしたいと思います。カレー米を使う際のコツがあれば教えてください。

パエリアはスペインの伝統料理で、日本でも人気です。
そこでパエリアを作るコツをいくつか挙げていきたいと思います!

コツ1:オリーブオイルでカレー米が透き通るまでよく炒めること
コツ2:アサリは国産を使うこと(冷凍でなく生のものがおすすめ=出汁がよく出る)
    見分けるコツ→国産のアサリは中国産に比べて、青っぽい貝が混ざっているのが特徴です
コツ3:サフランを使うこと(サフランは高級なため、ターメリックでも可)
コツ4:パプリカは色合いを良くしてくれるためできれば使用する→パエリアはもてなし料理であり見た目がとても大切!

以上のことを気をつけていただくと、美味しいパエリアを作ることができますよ!
カレー米でパエリアを作ると、冷めても美味しいためオススメです!!
ぜひお試しください✨
 

2022-02-06 15:53:14

コメント(0)

カレー米への質問がきました1「カレー米の炊き方」

本日は先日ホームページからきた質問に答えたいと思います。
質問は「カレー米を固めに炊きたいのですが、何かコツとかあれば教えてください。」

カレー米を固めにジャーで炊くには、
1、水研ぎをせずに、ホコリだけ浮かせて水を捨てる。

2、炊飯ジャーで炊く場合:早炊きボタンか、すし米のボタンがある場合は水加減をそのままで、どちらかのボタンで炊く。
             ※ボタンがない場合、高級炊飯器はそのままで炊く。
                       普通の炊飯器は、水を5〜10%(いつもより少なめ)少なめにして炊く。

3、土鍋で炊く、もしくはガスコンロで炊く場合:1の後、いつものお米よりも水を5〜10%少なめにして炊く。

一度お試しください!
 

2022-02-06 15:48:59

コメント(0)

タカノファームのこだわり


タカノファームでは、「土づくり」「化学肥料・化学農薬の節減」「味わい深いお米」の3つのこだわりを大切にし、お米の栽培を行なっております。
 

2022-01-18 14:42:02

コメント(0)

カレー米とは??

アレンジ色々!!カレー米 カレー パエリア ビリヤニ

カレー米とは:ジャポニカ米(日本米)とインディカ米(タイ米、インド米)のいいとこどりのお米です。特徴は中はもちもちと甘みがあり、外はパラっとした食感、カレーをおいしく食べるために開発されたお米です。またパエリアやガバオライスのような外国料理にも合うおいしいお米です。

2022-01-17 15:59:56

  • 件 (全件)
  • 1

三重県松阪市で四代続く農家です。
主に米、麦、野菜を近隣で離農されたお宅から田畑をあずかり、栽培しています。
土づくりから水質まで安全にこだわって作ったお米を小さな農家からお届けします。
松阪牛の街という環境を活かし、耕畜連携の循環型農業を実践しています。

お問い合わせ

ご質問・ご相談などがございましたら、お電話やメールフォームよりお受けしています。
お気軽にお問い合わせください。

TEL:080-3654-9338

メールはこちら